2008年01月22日

“オレンジ族ゴンス通じて、演技の幅広げます”

「Before&After整形外科」でお金・女を露にする医師に変身したイジヌク
04840511_20080123.jpg
文化放送シーズンドラマ「Before&After整形外科」が、感覚的な演出と仕組みある内容で人気を集めている。整形共和国である大韓民国で、整形外科を背景に毎回新しい話を解く設定が視聴者の好奇心を刺激した。果敢な素材は俳優たちにも面白い経験だ。劇中、整形外科院長ハンゴンスで登場するイジヌクは、このドラマが「初めて整形手術場面を再現したこととシーズンドラマという形式など、既存の慣れたものを踏襲しておらず、演技する楽しさをたきつける。」と話した。

ドラマの中で主に、純粋な男を演じて来た彼の変身も新しいのは同じだ。ゴンスはたとえ私債業者に苦しんではいるものの、ルックスにお金まで露にする典型的なオレンジ族だ。こんな役は初めてだと憎々しく皮肉交じりに話すのが、ゴンスと結構よく似合う。「口も上手で、どこに行っても注目されるゴンスは、内気な僕とはとても違います。違う姿の中から似ている点を探す楽しさがありますね。」

「…整形外科」は、実際の整形外科手術の過程を赤裸々に見せる。 1回の鼻手術、3回の脂肪吸入手術、4回に出る胸手術場面などは、あまりにも詳しく表現され、俳優たちもびっくりした程だ。イジヌクも医師の演技を実感が出るように、勉強をたくさんした。「手だけが出る場面は本当の整形外科医が代わりをするけれど、他の場面は俳優たちが直接します。自然に表現しようと二重瞼手術などの動画を見ながら手術法に慣れるようにしました。」

「…整形外科」は動線と画面角度など、演出でも既存のドラマにポンチを食らわす。2回で高校生4人がハンバーガーを食べる場面では、円を描きながら回る演出を披露したりもした。彼は「この場面はテレビでどのように出るかを想像することは、またゴンスになって感じる楽しさです。」と話した。

“無条件面白く”が目標だが、イジヌクはこのドラマが、単純に興味の種ではないと言う。1回で子役のイメージを脱ごうと整形する女優たちに対して、考えてみる要素が多いと言う。「俳優は視聴者たちから無視されれば、演じる機会さえ得ることが出来ません。人々は俳優に対して安易に話すけれど、その裏面に各自の悩みと事情がすべてあるんじゃないですか。ドラマでそれを扱ってくれて、視聴者たちが世の中を見る目がもう少し寛大になったら良いと思います。」

初手術に失敗してメスを取ることが出来ないゴンスは、良心的な医師チェヨンウ(キムソンミン) によって少しずつ変わって行く。

広告モデルとして活動している中、2006年、「恋愛時代」でデビューして「Air City」まで息忙しく駆けて来たせいで、再充電の時間が必要だったという彼も、このドラマで‘本当の俳優’につかつかと近付いている。「ゴンスからキャラクターを幅広く考える方法を学んでいます。これまでは演技をしながら自由ではなかったけれど、今は多様な姿で自分をたくさん使ってみようと思います。」

ナムジウン記者 myviollet@hani.co.kr  写真文化放送提供

[ハンギョレ]2008-01-22 19:55:48

2008年01月18日

【「B&A整形外科」公式サイト/[制作陣ノート(2008/01/01)]】

BNAの運命的出会い、イジヌク By キムミンシク(PD)

Before&Afterの年、2008年が明るかったです。
皆さん、明けましておめでとうございます。

暫く、主人公たちのキャスティング裏話に会うシリーズで書いてみようかと思います。

先ず一番初めにBNAと会ったハンゴンス役のイジヌク。

昨秋1部のシナリオと12回全体の筋書を完成した制作陣は悩みに陷ります。

さあ、これから私たちが6ヶ月間作ったシナリオを回さなければならないのに、誰をキャスティングしなければならないか?

Before&After整形外科の主人と同時に院長であるハンゴンス。
私が考えたハンゴンスの条件はたった一つです。
整形手術を素材にしたドラマであるだけに、一応女性視聴者を攻略しなければならない。
特に深夜時間に放送されるとなると、幼い友達や年を取った方々は諦めなければならないし...

結局、2,30代の女性視聴者たちにアピールすることが出来るワンソフンナムを見つけなければならないのに。

答えがぴったり出ますね。
恋愛時代とAir Cityで、次世代フンナムで浮び上がったイジヌク。
そう、イジヌクを射止めよう。

清潭洞のあるパスタ店でイジヌクと初めて会った私。
心の中では緊張していました。
シナリオに出て来るハンゴンスという役は、
病院をダメにする一歩直前の暴れん坊医師。
整形専攻医になってからも、手術のメスを取るよりは
毎晩ルームサロンに通ってボトックスをやり、営業に走るチンピラドクター。

すなわち、一言でハンゴンスは、
俳優たちが夢見るミニシリーズの格好良い男主人公ではなく、
突拍子もなくて、密かに猟奇的なメディカルコメディー(?)の主人公だったのです。

'私の前にいるこの格好良い友達に、
壊れるコメディーをしてくれとお願いなくちゃいけないってことだよね?
それにシットコムだけ演出して来たPDが初めて作って見るドラマで。'

まことに困り果てたその瞬間。
運命が私に微笑みかけてくれました。

私の前のイジヌク君、
"あそこで、ある方が挨拶なさっていますが?"

頭をもたげて眺めてみると、とても長身のある方が立っていたのです。
世の中に!!!

清潭洞のパスタ店で
チョインソン君に会うとは、誰が分かるでしょうか?

あまりにも嬉しい顔だったから、直ぐに抱いてあげました。
"監督様、ドラマに移ったという話聞きました!"
大韓民国映画大賞受賞以後、1年ぶりに会うインソンに
こんな席で出くわすようになるとは!

分かってみれば、ジヌク君もデビュー時代、チョインソンと共にコーヒーの広告を撮って、知っている間柄でした。

(多分、誰かが見たら、私がチョインソン君に別に頼んで、やらせたと思うでしょう。 イジヌク君を誘おうと)

7年前、チョインソンという新人をキャスティングして、
ニューノンストップというシットコムを作って
チョインソン-パクキョンリムカップル/ヤンドングン-チャンナラカップルを演出して
チョシンソン君に会う度にそんな話をしました。
"今は新人だけど、君は遠からず韓国大衆文化を導いて行く星になるだろう!"
私は「卑劣な通り」の組織暴力団チョインソンも格好良いが
相変らずノンストップでコメディーをしたチョインソンも魅力的だったと思います。
(卑劣な通りでトロットのテンボル(穴蜂)を口ずさむインソンを見て、相変らずその感が生きていると感じました。^^)

インソン君を送ってから、私の話の糸口はまた開きました。
"イジヌクさん、 私は本当に演技が上手い俳優というのは、コメディーが上手な俳優だと思います。
人々に笑いを与えること以上にやりがいがあり、また魅力的な人物はいないからです。"

イジヌクとの運命的出会いは、このようにスタートしました。

7年前、モニターをのぞきながらした悩みが、また始まりました。
私の目の前のチョインソンというあの新人の魅力を、いかに見せようか?

Before&After整形外科との出会いを通じて
俳優イジヌクの新しい姿、 新しい魅力をいかに見せようか?

2008年が、
皆さんがイジヌクという俳優を再発見する年になるように
演出家として最善を尽くします。
制作陣を信じて自分に任せてくれた俳優の為にも。

そして、こんな素敵な運命的出会いまで準備したら、
確かに誰かが、イジヌクとBNAの出会いを切に望んだはずだからです。
bna_photo080103181851210.jpg
http://www.imbc.com/broad/tv/drama/bna/note/

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。