2008年10月14日

「ガラスの城」のイジヌク、「ファミリーが浮かんだ」の過ぎた嵐で酷い侮辱?

200810161006252100_1tu.jpg
'フンナム' イジヌクが、'4次元芸能人'で愛称を掘り返して、酷い侮辱(?)を支払っている。
イジヌクはこれまで、ドラマ「恋愛時代」「強敵たち」などでカリスマあふれる新世代俳優として評価を受けたが、去る9月、SBS-TV「日曜日が良い」の 'ファミリーが浮かんだ' 出演後、'ユジェソクの天敵'という検索語と共に、'4次元芸能人' リストに名前を挙げた。

イジヌクは最近、ISとのインタビューで「デビュー以来、全国民が僕の名前と顔を調べて反応を見せて下さったのは、 'ファミリが浮かんだ'が初めてでした。」「ユジェソクさんたち出演陣と制作陣に感謝します。」と明らかにした。

しかし彼は、「それらも劣らず、過ぎ去った嵐にも苦しんでいます。」と冗談を言った。イジヌは「町内(ソウル・サムソン洞) 隣近に中高等学校が多いのですが、学生たちが僕さえ見れば駆けて来て、クッククックと触って冷やかされたりもします。ある時には、僕に直接 'ペンと紙はある?サインしてくれ'と堂堂と要求して荒唐でした。 楽に対して下さるのは良いけれど、僕のイメージがあまりにコミカルに定着されるのではないかと心配にもなります。」と笑った。

イジヌクは現在、SBS-TV週末ドラマ「ガラスの城」で完璧な財閥 2世で出演、女性たちのロマンで浮び上がっている。政略結婚を拒否し、自分が愛する放送社アナウンサーチョンミンジュ(ユンソイ)に出会い、幸せな結婚式まで至るようになる。しかし以後、嫁姑の葛藤によって離婚危機にまで追われる感情演技を見せるようになる。

イジヌクは「今年は良い作品だけではなく、多様な経験をしてみるようになって気持ちが良いです。」「芸能番組への出演提議が何回かあったりもしましたが、当分は 'ガラスの城' の演技に没入したいです。」と話した。

しかし、イジヌクはスポーツ界のフンナムであるイヨンテ選手を牽制する発言もして、特有のユーモアの実力を間違いなく現わした。 彼は「この間にファンミーティングを素朴にしましたが、イギョンウォンベドミントン選手が仲間たちと一緒に来てくれました。その中にイヨンテ選手もいましたが、無理やりに連れてこられたようでした。イギョンウォン選手と席に座っていると、そっとファンミーティングが終わる前に席を外しました。大変な時間を過ごしたようで申し訳なかったです。」と笑った。

イインギョン記者 [best@joongang.co.kr]

[日刊スポーツ]2008.10.12 17:18


posted by rika1999 at 23:04| ■SBS週末劇「ガラスの城」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。