2008年12月28日

俳優イジヌク、"人前に立つと、緊張して腹痛"

軍入隊控え、日本・東京でファン・ミーティング

俳優イジヌクが27日、東京有楽町の東京国際フォーラムCホールでファン・ミーティングイベント 'The First Drama of The Year'を開いた。

イジヌクはファン・ミーティングに先立ち開かれた記者会見で「人前に立つと緊張してお腹が痛くなって、今もとても緊張している。」「カメラの前で演じる時は大丈夫なのに、演技をせずにカメラの前に立つ時はいつも緊張する。」と付け加えた。

彼は緊張感を現わしながらも「しかし、今日のファンミーティングでファンに私の姿を最大限お見せしたい。」と意欲を見せた。

彼はこれからやってみたい役に対して「自分の年齢に合う青年役をしたくて、何より制服を着た軍人役が趣があると思う。」「来年には軍入隊する予定なので、今日のファンミーティングが日本で最後の仕事になることもあり、残念だ。」と明らかにした。

引き続き「20代最後のクリスマスを忙しく送り、その上に入隊を控えていて、クリスマスイブの時には親しみがある人々の多様な集まりに 6箇所も回った。」「来年、もう一作品出演するのが望みだ。」と入隊前まで演技活動を続けるという意味を仄めかした。

去る6月、大阪で開かれた初めてのファン・ミーティング以来、6ヶ月ぶりに進行された東京でのファン・ミーティングは吉本興業所属の漫談コンビ 'チング'が司会者に出た。

イベントはこれまでの活動を盛った映像物と共に、ドラマで呼吸を合わせた俳優キムミンジュンとチェジウの応援メッセージで始まった。 引き続き舞台に登場したイジヌクは、日本語で "日本が大好きだ。大阪に引き続き、東京でのファン・ミーティングも忘れることが出来ない思い出になったら良いと思う。」と挨拶した。

トークショーでイジヌクは「幼い頃から三人の姉に卵丼をよく作ってあげた。」「ファンの為に自信があるビーフカレーを直接作ってあげたい。」と '料理人イジヌク'の一面を明らかにしたりもした。

演技コーナーでは、現在出演中のSBS週末ドラマ「ガラスの城」の一場面をファンと一緒に再演、ロマンチックなプロポーズでファンを捉えた。引き続き日本のTV広告のヒットソングと人気アニメーション「崖の上のポニョ」の主題歌を熱唱して大きい拍手を浴びた。

イジヌクはドラマ「恋愛時代」ではソンイェジン、「Smile Again」ではキムヒソン、「Someday」ではペドゥナ、「Air City」ではチェジウ、「強敵たち」のチェリムに至るまで、代表的な韓流女優たちの恋人として出演、次世代韓流スターで注目を引いて来た。

イテムン通信員 = gounworld@yna.co.kr

[連合ニュース]2008/12/28 14:53

2009-01-03 09:55:47
posted by rika1999 at 14:53| ■EVENT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。