2008年09月28日

「ガラスの城」イジヌク-ユンソイびっくりキスシーンにチャムシルボールほかほか〜

200809261704161020_1ry.jpg
タレントイジヌクとユンソイの初キスシーンがチャムシル野球場を焼いた。

SBS週末ドラマ「ガラスの城」に出演中のイジヌクとユンソイは、胸震える初デート場面の撮影で、去る24日午後、ソウル・チャムシル野球場で開かれた2008プロ野球トサン対ウリの競技場を訪ねた。

実際の競技が進行される中、約3時間の間進行された今回のデートシーンの撮影を迎え、イジヌクとユンソイはカジュアルな身なりをして野球場を訪ねた。彼らは普段からのスポーツマニアらしく、競技に耽って応援を過ごすなど楽しい時間を持った。

引き続きイジヌクとユンソイが初キスを分ける姿がチャムシル野球場大型電光板を通じて、そっくりそのまま盛られた。競技中の休息時間にキスタイムの為のカメラが動き、チャムシル野球場大型電光板に二人の顔が映されると、イジヌクがユンソイに不意打ちキスをする場面だ。

この日の撮影は、観客たちの興奮感をそっくりそのまま盛る為、公知なしに成り立って、チャムシルボールをより一層揺れるようにした。 撮影の事実を知らなかった観客たちは、イジヌクとユンソイのキス場面が大型電光板を通じて照らされるや、驚きながらも歓呼の声を止めなかったという。

ある関係者は「他の観衆たちに被害がないように、1塁側方面に撮影の為のカメラ一台と20余名のエキストラだけが動員されて撮影をしたから、観衆たちが撮影可否が分からず、自然な反応を盛ることが出来た。その為か二人がキスする姿が見えると、チャムシル野球場が揺れる程に拍手と歓呼の声が叫んだ。」と、当時の熱かった現場の雰囲気を伝えた。

二人が紆余曲折の挙句に初キスをするようになったのは、これまでジュンソン(イジヌク)の熱い愛の表現に対して拒否感を現わしたミンジュ(ユンソイ)が、ジュンソンに徐徐に心を開き始めたお陰だ。ミンジュは自分の冷酷な反応にもかかわらず、自分の傍をくるくる回わって慰労になってくれるジュンソンの心が、ただ単に火遊びではないことを悟るようになる。

8回までの放送分でジュンソンは、自分の周辺では感じることが出来なかった風変りな魅力を持ったミンジュに心を奪われたが、ミンジュは母親と性が違う二人の妹弟と義父を扶養しなければならない自分の厳しい境遇によって、財閥2世であるジュンソンの心を受けることが出来なかった。

しかし、この日の短い初キスシーンに続く甘い二番目のキスシーン以後、二人は本格的なラブラインを形成するようになる見込みだ。 この日撮影分は「ガラスの城」 12回分に放送される。

一方、27日放送された「ガラスの城」7回放送分は17.1%(TNS 全国基準)の視聴率を記録した。

(写真提供=HBエンターテイメント)

パクセヨン記者 psyon@newsen.com

[NEWSEN]2008-09-28 08:52:58

2009-01-03 17:28:06


posted by rika1999 at 08:52| ■SBS週末劇「ガラスの城」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。