2009年02月27日

‘チェジウと交際’のイジヌク、“愛は甘くて、関心は苦く”

‘熱愛後遺症?’

トップスターチェジウと交際中の事実が伝えられた演技者イジヌクが疲弊している。

イジヌクは最近、チェジウと愛を育んでいっているという事実が言論報道などを通じて世の中に公開された後、早期の軍入隊を推進中だ。また、言論とファンの過度な関心によって、インターネット公式ホームページのサーバーがダウン、復旧に相当な時間がかかることと伝えられた。まさに愛の熱病をたっぷり病んでいるわけだ。

イジヌクは早ければ6月、陸軍に現役で志願入隊するという当初の立場を急旋回、その時点を更に繰り上げる事にして注目される。その背景には、チェジウとの交際を取り囲んだ‘世間の行き過ぎた関心’が多く作用していることと思われる。

イジヌクのある側近は22日、「6月以後に予想した軍入隊の時点が繰り上げられるようだ。」「当事者であるイジヌクと所属社などの関係者たちが、早いうちにこの問題について最終立場を整理して決める計画。」と明らかにした。

この側近はイジヌクが入隊を急ぐようになった経緯に対して、「遅くても下半期には軍服務を始めようと考えていただけに、どうせならもう少し早く行くのも悪くはないという考え。」と説明した。彼は引き続き、チェジウとはみでたピンクの噂が、‘早期軍入隊推進の直接的原因で作用したのか可否’に対して直答を避けながらも「今回のことに対する周辺の行き過ぎた関心に、イジヌクが負担を感じてるのは事実。」と話して関心を集中させた。

また、イジヌクはチェジウとの出会いが伝えられた直後、各種マスコミの取材攻勢は勿論、国内外ファンの熱い注目を引くなど、疲弊しているのが実情だ。

一例として、所属社が運営中のイジヌクのインターネット公式ホームページは、突然、訪問者が殺到し、サーバーがダウンするハプニングが起きた。

これに対してまた他の関係者は「予想できなかった訪問者の暴走で、ホームページのサーバーがダウンした。」「元々の状態に復旧するのに、最低4日必要とみている。」と伝えた。

世間の関心が多少静かになるまで、ホームページを暫定閉鎖したのではないのかという一部の視線に対して、この関係者は頑強に否認し、「そのような意図なら、イジヌクが個人的に運営中のミニホームページも閉めなければならなかったこと。」と付け加えて説明した。

イジヌクは平均視聴率25%を記録中のSBSドラマ「ガラスの城」でスター級に上がった。 彼は3月1日終映されるこのドラマの撮影を、先週すべて終え、内部の終放宴まで終えたことが確認された。

ホミニョン記者 justin@donga.com

[東亜日報]2009-02-23 07:12
posted by rika1999 at 16:52| ■TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。