2008年04月30日

イジヌク、「Someday」で人生のターニング・ポイントに当たった

200804111642082100_1ryeye.jpg
演技者イジヌク(27)は憂鬱なようだ。「恋愛時代」「Someday」「Smile Again」など、出演作毎に胸に傷を抱いて生きて行く役だったし、線が強いルックスの為、重くて静かな感じが強い。

しかし、イジヌクは話好きで、よく笑って冗談も楽しむことが出来る普通の20代だった。最近、OSENとのインタビューで「元々は静かで内気な性格だった。」という彼は、OCNの16部作ドラマ「Someday」を撮ってから大いに変わった。彼の人生も、演技も。

「以前は幼かったからかもしれないが、幸せで面白い人生に対する欲求があまりなかった。演技をする時も、表現すること自体が大変な人生のメリットがあった。」というイジヌクは、金持ちの息子だが精神的な痛みがあるとか、精神的に心細い役をたくさんして来た。それでも、自分の人生を振り返れば、特別に痛みがあるのではないが「易しい道は行きたくない。難しい事をやりこなした時に感じる成就感が良い。」と説明した。

イジヌクのこのような考えは、周りの人々に心配も抱かせた、共に仕事をした制作陣は「幼い年令であまり大変な人生ばかり演じれば、君にも良くないようだ。」とたびたび忠告した。

そんなイジヌクが「Someday」の ‘イムソッマン’を演じてとても変わった。「私が寂しければ、他の人も寂しくなるということが分かった。ソッマンは胸に傷を抱いて生きるが、とても明るい。そんな生が周りの人々も幸せにさせるようだ。これからは人々に幸せを与えながら生きて行きたい。」と愛着を現わした。まだソッマンが言った台詞を思うと胸がジーンとし、一人家でたびたび演習もすると言う。

一人で居るのが好きなキャラクターだったが、「Someday」に出演してからは世の中の外に出た感じだ。以後出演した「Air City」のカンハジュンや「Before&After整形外科」のハンゴンスは、明るくて愉快なキャラクターだ。

イジヌクが‘イムソッマン’に初めて接した時の感じを、KBS-2TV水木ドラマ「強敵たち」の‘カンスホ’を見ながらも感じた。その上、「Someday」をした時より演技者として、多少成長したからもっとときめく。

カンスホはつやがなくて反抗的なキャラクターだ。ところが、事情があって理由が明らかだ。哀れで息苦しい気がして助けてあげたい。幸せに生きても良いのに、自ら不幸に生きる道を選択した。「作品を選択する時、その人の一代記が描かれてたら良いと思う。スホを見れば、屈曲の多い人生が見える。そんな役に出会えば、愛する人に出会った時のような感じだ。」と、ドラマ出演のきっかけを説明した。

イジヌクは「私はしたい事はして生きています。 大統領の息子(カンスホ)は私にも負担だ。それでスホがより一層理解出来る。」と明らかにした。

キムグッファ記者miru@osen.co.kr 
<写真>ソンヨンホ記者 spjj@osen.co.kr

[OSEN]Apr 11 2008 :42


posted by rika1999 at 23:49| ■KBS月火ミニシリーズ「強敵たち」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。