2008年05月01日

私が誰だかご存じですか?もう6番目の作品!

■ KBSミニシリーズ「強敵たち」イジヌク
1fb1ba8a93de4ee484b2667c6ee6a269_lee-1.jpg
デビュー時毎に主助演だけ占めたが
作品毎に感じが違い、見分けることが出来ません
今度はシナリオが良く、後悔ない撮影を


“相変らず、見分ける事が出来ないです。今度作品が6番目の作品だと言うと、業界の人々も驚きます。 ハハ。”
MBCドラマ「Before&After整形外科」(BNA)が終わってから、まだ一ヶ月も経たずにKBS-2TVミニシリーズ「強敵たち」に出演する。

もうデビューしてから2年が少し経ったが、出演したドラマはもう6番目だ。それもエキストラではなく、デビュー作SBS「恋愛時代」から今まで、主・助演級だけ占めた。結構、顔が知られるに値するが、彼はまだ遠いと首を横に振る。 演技者イジヌク(27)に会った。

「変に作品毎に感じが違ったからか、同一人物だと全然思うことが出来ません。私が写真を見ても ‘BNA’のハンゴンスと‘強敵たち’のカンスホが違います。俳優としては長所のようなのに、人々が連結がさせる事が出来ない…。」

彼は今度のドラマでは大統領のお騒がせ息子カンスホに扮する。「BNA」に引き続き番目の主演だが、月火ドラマ視聴率を握っている MBCドラマ「イサン」と正面勝負を繰り広げなければならないから負担が先に進む。

「自信は常にあります。以前までは視聴率の責任負う立場ではなかったが、今はそうではないでしょう。 それでも視聴率を几帳面にチェックする程ではありません。熱心にするけど、視聴率がちゃんと出ないとしても、ガッカリはしません。」
1fb1ba8a93de4ee484b2667c6ee6a269_lee-2.jpg
感じは良い。シナリオを受けた瞬間、彼はカンスホに陥った。屈折がひどくて感情線が複雑で、演技するのが難しいけれど、俳優としては挑戦してみるに値するキャラクターだ。それにイドッカ、イジョンヒョク、チェリムら心強い先輩演技者が支えているし、カリスマあふれて頼もしいハンジュンソPDまで加え、自信感はいつになく充満する。

「したくない作品をした時はないけれど、特に今回の作品は良かったです。すべてを持っているのに、事情があるカンスホというキャラクターも気に入ったし、3週位撮影したが、撮影場の雰囲気も和気あいあいとしています。」演技の熱情は最高潮だ。以前の作品「BNA」の効が大きい。彼はこの作品をしながら、演技を捉えておく方法が分かったと言う。

「緩めると、捉える方法が分かりました。よく先輩たちが‘演技に力を抜きなさい’と言うが、その感じを少し悟りました。道がやっと少し見えます。」
天性の才能は持っていないが、演技者を天職と思っている彼は、まだ新人だが演技観だけは確かだ。

「人気や現在の位置が能力以上の時、俳優は崩れるようです。どうせバレるんです。一気にスター級に上がり、それに合わせて能力が付いて行けば無理がないけれど、私はそんな部類ではありません。戦略的に多分にそれに比例して行こうと思います。私が享受している人気は多分、私の能力程度であるでしょう。」

/文キムジヘ記者 affinity@fnn.co.kr
/写真イヒョギュン記者anypic@fnn.co.kr


1fb1ba8a93de4ee484b2667c6ee6a269_leeerter.jpg
◆女優福、炸裂したが

彼は女優福が多い。ソンイェジン・キムヒソン・ペドゥナ・チェジウら、トップ俳優たちと呼吸を合わせた。今度もチェリムとラブラインを描く。しかし、去るドラマでそうだったように、相変らず ‘片思い’だけで止まる。

「私が片思いするようだったようです。実際でも片思いをたくさんします。私が告白をあまりしないスタイルだから、とても嗜好がよく変わって、すべて告白をした後は大変な事になります。 ハハ。女性の方たちも私にダッシュをしなくて、友達も今まで合コンやミーティングを一回もしてくれた事がありません。女性とは会わないようです。」
 
[フォーカス新聞社]2008-04-14 09:09:31


posted by rika1999 at 09:53| ■KBS月火ミニシリーズ「強敵たち」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。