2008年05月01日

イジヌク、いまだ片思い中の純粋青年(インタビュー)

2008041411014553884_3ht.jpg
超高速の成長だ。2年ぶりにスター班列に上がった。その主人公はタレントイジヌク(28)。 去る2006年6月に終映したSBS「恋愛時代」を始まりに大衆に顔を知らせたのに相次ぎ、大道を走っている。

2年間でおおよそ6編の作品に出演した。MBC「Air City」、SBS「Smile Again」など放送界内外に関心を集めた作品には、彼がいた。 大部分が主人公役だ。最近、MBC「Before&After」を終えた彼は、14日午後スタートするKBS-2TVの新しい月火ミニシリーズ「強敵たち」を通じて、休符なしに走る。彼に会った。

2年間、休符なしに走って来たも同然だが、常に新しい。イジヌクはそれが自分の長所だと説明した。

「2年間で6本のドラマに出演したが、多作だと思う方があまりいなかった。まだ私の名前を多くの方々に刻印させることが出来なかった点もあるが、長所だと思う。 旧態依然たるフレームにかまけたくはない。演技者ではないキャラクターが見えると解釈している。 見る度に新しいのは演技者にとって長所だと思う。」

派手な出演作らしく、イジヌクはソンイェジン、チェジウ、キムヒソン、ペドゥナらスター女優と呼吸を合わせる '女福'が炸裂した俳優。尚且つ、誰にも親切なジェントルマンである彼は、作品で出会った相手演技者とピンクの誤解を受けたりもした。
2008041411014553884_2et.jpg
「ハハ。誤解をちょっと受けたりもしました。誰にでも皆上手くする性格なので、そうみたいです。人々の関心だと思えば悪くはない。相手演技者にすまないだけです。」

彼が出演した作品設定と同じく、彼は片思い専門だ。彼は実際に好きな相手に告白も出来ず、一人だけの片思いに陥っている。少年みたいな彼だ。

少年みたいなイジヌクだが、器用だ。芸能界デビュー2年、24ヶ月は彼に刻苦の期間だった。目覚めたらスターになっていたという話には、彼の面目を失う。

「私は自らに残酷です。自分を苛酷に扱いたい。仕事するのが大好きです。気をもみました。他の俳優も同じだが、デビュー以後作品毎に最善を尽くしたと自負します。 'Before&After'は休むことなしに駆けて来た私にとってはターニングポイントを与えたドラマです。出演作の大部分が期待作で比重ある役でした。仕事をしながら役に比べて、自分の能力が足りないのではないかという悩みに陷っている時、私を新しくしたドラマです。'Before&After'を通じて私がしてみたい演技が出来たし、より一層成熟しました。」

彼の念願は大衆から愛されるイジヌクより、人々の心を開くことが出来る俳優イジヌクだった。
2008041411014553884_1ert.jpg

キムスジン記者

star.moneytoday]04/14 13:17


posted by rika1999 at 10:24| ■KBS月火ミニシリーズ「強敵たち」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。