2008年05月01日

イジヌク「不明瞭さが私の魅力です」

KBS2「強敵たち」大統領の息子役
kp1_080411019400tyry.jpg
"これといってハンサムなようでもなく、金持ち息子みたいでもなくて… でも、いろいろ不明瞭な感じを好んで下さるようです。"
完璧な顔の '花美男'でもなく、寒気立つ演技力も誇らない。しかし、イジヌクは飛ばないながらも個性ある魅力で、出演作が増える度に熱誠ファンを増やしている俳優だ。

14日から放送されるKBS-2TV新月火ドラマ「強敵たち」で彼は、大統領の一人息子カンスホ役を引き受けた。

表では完璧な条件を取り揃えた大韓民国女性の理想型だが、生意気で反抗児気質を持った男で、イジヌクの独特の感受性がどのように表現されるか関心を集めるキャラクター。いつも緊張して刃が立っているが、自分の警護を引き受けたヨンジン(チェリム)、グァンピル(イジョンヒョク) らとぶつかりながら徐徐に心の門を開く。

"私には色がないという方もいるが、俳優よりキャラクターが先に見えて、劇中人物として受け入れられると良いと思います。そうしようとすれば、不明瞭なことが良いでしょう。勿論、一つ色と認められることも良いけれど、私は違う方を選ぼうと思う。"
実際に彼は「恋愛時代」以後、「Smile Again」「Air City」「Before&After整形外科」などで、常に同じようでいながらも違う姿で女性ファンの心を揺らして来た。

"ハンソッキュ、パクユンシク先輩のように、おびただしい変身をせず、貧しい機械工も金持ちの息子も、精神病者もすべて似合う雰囲気が欲しいです。まだ演技人生の初盤部だが、30歳を過ぎて男の感じが出れば、その年に合う重さと信頼を与えることが出来る俳優になりたいです。"
「強敵たち」は去る2年間休まないで駆けて来たイジヌクには、格別の意味がある作品だ。前作であるMBC「Before&After整形外科」を通じて得た '休息' 以後、まともに作品に沒入することが出来るようになったからだ。

"誰が何と言うわけではないのに、私が引き受けた役がちゃんと出来ないという感じで、恥ずかしくて悩み苦しみます。それで暫くとても悩んだが、「Before&After整形外科」はそのまま負担なく、ドラマの中に自らを投げることが出来た作品でした。"
パッと緩んでみたので、もう締める時になった。新しく心を引き締めて出演を決めた「強敵たち」では、 'サガジ(礼儀)' なくて完璧に見えるが、その中に隠された人間的で可哀相な面を引っ張り出すというのがイジヌクの覚悟だ。

"これまで運が良かったが、私に来た機会を100%活用することが出来たようではありません。明るくて楽しい役をちゃんと味わったので、「強敵たち」では真剣に近付くことが出来るようです。 今度はとても集中して沒入することが出来るようです。"
kp1_080411019900ete.jpg

カンジョンフン記者 =double@yna.co.kr

連合ニュース]2008/04/14 16:22


posted by rika1999 at 10:27| ■KBS月火ミニシリーズ「強敵たち」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。