2008年04月30日

【「強敵たち」制作発表会】「強敵たち」イジヌク、 "ツヤのない大統領の息子、演技し易かった"

0411158114838gd.jpg
タレントイジヌクがドラマで、反抗児的気質を持った大統領の息子に変身する。

イジヌクは 7日午後 3時、ソウル上岩洞のKBSメディアセンター開かれたKBS2-TVの月火ミニシリーズ「強敵たち」の制作発表会で「今まで金持ちの息子役をたくさんして来たから、演じるのが楽だった。」とくちを切った。

「シングルパパは熱愛中」後続で、来る14日スタートする「強敵たち」は、青瓦台を背景に熱血新入警護官たちの世界と愛、そして隠された青瓦台の人々の日常を扱ったメロドラマだ。

「京城スキャンダル」のハンジュンソPDが演出を、「ホテリア」「オー!必勝ポンスニョン」「ダルジャの春」まで大衆性と作品性を同時に持った作家として評価を受けているカンウンギョン作家がシナリオの執筆を引き受けた。

イジヌクは劇中、事ある毎に生意気でわがままな反抗児と同時に大統領の息子であるカンスホ役に扮し、 'ツヤのない王子様'のキャラクターで女心を刺激するように見える。

ソンイェジン、キムヒソン、ペドゥナ、チェジウら、出演作毎に最高の女優たちと出会って '女優福の多い俳優'と指折り数えられて来たイジヌクは、今回のドラマでチェリムと呼吸を合わせるようになる。
200804120803142100_1ret.jpg
イジヌクはこの日、作品を選択する基準を問う質問に「キャラクターが自分とよく合うかどうかが一番重要だ。ドラマでは普通、人生の一断面が紹介されるが、その人の一代記が一番に描かれる作品がある。」「今まで引き受けた役の中で一番気に入るキャラクターがこの作品のスホだ。」と、今回の作品に対する格別の愛情を現わした。

イジヌクは引き続き「スホは 1等花婿候補で、することは何でも上手くすることが出来る、そんなチングだ。思春期の少年のように、父親を憎んだりする。シノプシスを読んだだけでは理解出来ない部分もあったが、暖かいドラマになるようだ。」と伝えた。

MBCシーズンドラマ「Before&After整形外科」と撮影日程が重なって、体力的に無理があるところだが、意外にもイジヌクは「今は働くのがとても楽しい。死ぬ日を決めておいた人のように、一日一日が大事だ。まだ演技が面白いようだ。」と楽しい顔をして見せた。

多様なCFで純粋な魅力を発散して注目を引いて来たイジヌクは、ドラマ「恋愛時代」を通じて演技者で背伸びし、新入らしくない演技力と新鮮なマスクで一気にブラウン管の次世代走者に浮び上がった。

以後、多くのドラマで大韓民国最高の女優たちと呼吸を合わせて来た彼は、MBCシーズンドラマ「Before&After整形外科」を通じて、主演として堂堂と位置づけするようになる。

「強敵たち」ではイジヌクの魅力を一層アップグレードさせる、自分勝手な'ツヤない王子様'で登場、大韓民国の女心を揺らせる予定だ。

キムミョンウン記者 drama@joynews24.com

[joynews24]2008/ 04/ 07 16:58


posted by rika1999 at 23:48| ■KBS月火ミニシリーズ「強敵たち」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。