2008年11月24日

[PHOTO] ユンソイ-イジヌクの甘い口付け

22645_23503_2055df.jpg
ユンソイとイジヌクが、いよいよ新婚旅行に発った。23日、SBS「ガラスの城」。済州島へハネムーンに行った二人が、甘い口付けをしている。背景であるハート造形物が異彩だ。

クヘジョン記者august1410@naver.com

[tvreport] 2008年 11月 24日 09:20:45

2009-01-01 22:15:37up
posted by rika1999 at 09:20| ■SBS週末劇「ガラスの城」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

私を見ないで下さい… 私が見せることだけ見て下さい

ドラマ「ガラスの城」のイジヌク "芸能番組で浮かびたくはない"

'名も無き主人公'で残るだろうと思われたタレントイジヌク(27)。いよいよ浮かび上がった。SBS週末ドラマ「ガラスの城」を通じてだ。放送から2ヶ月にもならずに視聴率20%を越したこのドラマは、ざっとそらぞらしく見えるシンデレラーストーリーに付いて行くが、風変りなキャラクターで底力を発揮する。その核心が端整でありながらも、生気地な財閥後継者キムジュンソン役のイジヌク。このドラマ掲示板には、 'どうしてこんなに浮かばないのか不思議に見たが、もう真の姿を見せている'と賛辞を送る視聴者たちが数を知れず程多い。去る11日夕方、SBSのイルサンタンヒョンスタジオで会った彼は「相変らず私はスターの人材ではないようだ。 それが俳優として大きい長所。」と言って笑った。

「今回がドラマの主人公八回目です。しかし、まだ私の名前が分からない方々がかなり多いです。それでも私は楽です。自分の慰安のように聞こえ得るが、一、二作品で人気を集めたら、作品選択の幅がずっと狭かったはずです。 視聴率圧迫、人気墜落に対する負担、こういうものがあまりないから、常に次の足つきが軽いですね。」
2008111400010_0.jpg
彼がスターになるのを諦めた理由は、自身の言葉通り 'インパクトのないルックス' の為。「これでも自然になったから、視聴者たちがドラマに沒入するのに負担を与えないようです。」

キムヒソン(「Smile Again」)、 ソンイェジン(「恋愛時代」) など、当代のトップ女優たちと呼吸を合わせながらも注目されることが出来なかった彼が、デビュー3年ぶりに名を知らせた場は娯楽番組。去る4月、「happy together」に出た彼は「一人でいる時、悪い夫など特定キャラクターを思い浮かべながら演技する習慣があり、地下鉄でも一人でスパイ遊びをした事がある。」と一座を笑わせた。「二度の娯楽番組出演が、私の認知度をたくさん高めてくれた。」と嬉しがる彼だが、「これからは慎む。」と言った。「イジヌクそのものを大衆に見せれば、俳優として良いことは無い。」という理由だ。「私は、実は少しねじれて歪んだ人です。まだ疾風怒涛の時期を経験しています。TVのように善良な青年の姿ではないということです。」

彼はチョンジュ大で環境工学を専攻、中退した。微生物学者を夢見たが、成績が及ぶ事が出来ず、希望の大学、希望の学科に進学することが出来なかった。彷徨の挙句、学校を辞めて闇雲に上京した彼は、自炊費用を稼ぐ為に広告オーディションを受け、芸能人の道に立ち入った。「名門工科大を出た私の友達も、見てみれば卒業してカード会社、 精油会社に就職しました。私も微生物学者で生き残ることは大変だったようです。政府の科学奨励政策の為、幼い頃から漠然たる夢を育てたのに、今はずっと現実的な道を行っています。」
彼は「ラインを完全に超えるキャラクターを演じてみたい。」と話した。しかし、常に正しいイメージを求める出演提議が続く。勿論、例外もある。「初めから最後まで激しい情事場面に点綴された映画の主人公を引き受けてくれという要請が来た。」と話した。「まだ自信がありませんでした。年も幼くて、経験はするだけしたけど…(笑)最後の言葉は冗談です。」

チェスンヒョン記者vaidale@chosun.com

[朝鮮日報]2008.11.14 05:57


2009-01-02 15:06:13up
posted by rika1999 at 05:57| ■SBS週末劇「ガラスの城」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

ユンソイ-イジヌク、財閥家の結婚再現

200811061636271001_1er.jpg
ユンソイ主演のSBS週末劇「ガラスの城」が財閥家の結婚式を再現した。

「ガラスの城」は9日放送分で、主人公であるユンソイとイジヌクの結婚式場面を出す。劇中、ユンソイは有名アナウンサーチョンミンジュ、イジヌクは財閥 2世キムジュンソン役で、家の反対にもかかわらず二人が結婚にゴールインする。

二人の結婚式は姑インギョン(パクウォンスク)が "姻戚する家がとても恥ずかしい"とアメリカで結婚式を強行しようと思うが、ミンジュが "苦労ばかりした実家の母ヤンスクの前で堂堂と結婚式を挙げたい"と訴え、結局、ジュンソン家の別荘で小奇麗に結婚式を挙げるようになる場面だ。

最近、京畿道ヤンスリのある別荘で進行された二人の結婚式場面の撮影には、高価なドレスとブランド会社の協賛が並んだという。

イジェファン記者 star@newsen.com

[NEWSEN]2008-11-06 16:36:40

2009-01-03 16:57:25up
posted by rika1999 at 16:36| ■SBS週末劇「ガラスの城」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

イジヌク"パククニョン先輩を本当に尊敬します"

タレントイジヌク(27)が先輩パククニョンに対する尊敬心を表現した。

SBS週末ドラマ「ガラスの城」に出演中のイジヌクは、グループ総帥である父親で出演しているパククニョンに多くのことを学んでいる。

イジヌク「パククニョン先生は、撮影が終われば新人俳優たちを呼んで来て直接、演技を教えてくれる。発声、台詞処理のようなことだけではなく、演技者としての心得、他の人々と疏通することの大切さも教えてくれる。」と伝えた。

引き続きしきりに周辺の人々に壁を作って自らを閉じ込めず、多様に疎通をしなさいとおっしゃって下さる。そして、演技者は演技だけ上手ければ良いという泡みたいな人気に揺れずに、演技者なら演技にだけ集中しなければならないと強調される。」と付け加えた。

一生演技をして来て感じたことを、本気を盛って言ってくれる先輩の教えを胸深く刻み、演技だけではなく生に対するいろいろなことを学ぶようになるという彼だ。

イジヌクは「撮影場の雰囲気は本当に良い。先輩たちも本当に好きで、 (キム)スンス、 (チャン)ヒョンソン兄さんたちもとても面白い。ユンソイさんともたくさん親しくなった。」と特別なチームワークを誇ることも忘れなかった。

一方、「ガラスの城」はジュンソン(イジヌク)とミンジュ(ユンソイ)が紆余曲折の結果、結婚して新しい局面を迎える。

イジョンア記者happy@osen.co.kr

[OSEN]2008-10-29 07:00:52

2008-12-27 21:10:41up
posted by rika1999 at 07:00| ■SBS週末劇「ガラスの城」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イジヌク "ユンソイは4次元を受けてくれません"

2008102907005253416_1.jpg
タレントイジヌク(27)がSBS週末ドラマ「ガラスの城」で恋人として出演中のユンソイが、実際では自分の4次元を受けてくれないと言って視線を集めた。

最近、ドラマ撮影現場で会ったイジヌクは、初めはユンソイとぎこちなかったが、20回が近付くように撮影して、もう結構親しくなったと話した。

イジヌクは「もう本当に親しくなった。しかし、ユンソイさんは私の 4次元を受けてくれない。私が何か言っても、自分が言いたい言葉だけ言って、行ってしまう。」と笑った。ユンソイは「イジヌクさんが本当のお兄さんのようによく面倒を見てくれる。お陰で撮影場の雰囲気が良い。」と益々厚くなっている友情を誇示した。

またイジヌクは、ユンソイだけでなくキムスンス、チャンヒョンソンら一緒に出演する俳優たち同士、関係がとても良いと「撮影場の雰囲気は本当に最高だ。」と親指を立てた。 キムスンス、チャンヒョンソンのユーモアも益々面白くなっているという。

劇中、ジュンソン(イジヌク)とミンジュ(ユンソイ)は結婚を控えている。29日、京畿道ヤンピョン隣近で結婚式場面を撮影、新婚旅行場面は済州島で撮影する予定だ。

イジヌクは「もうすぐ結婚式場面を撮影する。新郎が花嫁に送るセレナーデのようなことはないだろう。」と言いながらも、これから開かれるジュンソン、ミンジュの結婚生活に多い関心持ってくれることを頼んだ。

イジョンア記者happy@osen.co.kr

[stoo.asiae]2008-10-29 07:00:52

2008-12-27 20:36:19up
posted by rika1999 at 07:00| ■SBS週末劇「ガラスの城」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

「ガラスの城」のイジヌク、「ファミリーが浮かんだ」の過ぎた嵐で酷い侮辱?

200810161006252100_1tu.jpg
'フンナム' イジヌクが、'4次元芸能人'で愛称を掘り返して、酷い侮辱(?)を支払っている。
イジヌクはこれまで、ドラマ「恋愛時代」「強敵たち」などでカリスマあふれる新世代俳優として評価を受けたが、去る9月、SBS-TV「日曜日が良い」の 'ファミリーが浮かんだ' 出演後、'ユジェソクの天敵'という検索語と共に、'4次元芸能人' リストに名前を挙げた。

イジヌクは最近、ISとのインタビューで「デビュー以来、全国民が僕の名前と顔を調べて反応を見せて下さったのは、 'ファミリが浮かんだ'が初めてでした。」「ユジェソクさんたち出演陣と制作陣に感謝します。」と明らかにした。

しかし彼は、「それらも劣らず、過ぎ去った嵐にも苦しんでいます。」と冗談を言った。イジヌは「町内(ソウル・サムソン洞) 隣近に中高等学校が多いのですが、学生たちが僕さえ見れば駆けて来て、クッククックと触って冷やかされたりもします。ある時には、僕に直接 'ペンと紙はある?サインしてくれ'と堂堂と要求して荒唐でした。 楽に対して下さるのは良いけれど、僕のイメージがあまりにコミカルに定着されるのではないかと心配にもなります。」と笑った。

イジヌクは現在、SBS-TV週末ドラマ「ガラスの城」で完璧な財閥 2世で出演、女性たちのロマンで浮び上がっている。政略結婚を拒否し、自分が愛する放送社アナウンサーチョンミンジュ(ユンソイ)に出会い、幸せな結婚式まで至るようになる。しかし以後、嫁姑の葛藤によって離婚危機にまで追われる感情演技を見せるようになる。

イジヌクは「今年は良い作品だけではなく、多様な経験をしてみるようになって気持ちが良いです。」「芸能番組への出演提議が何回かあったりもしましたが、当分は 'ガラスの城' の演技に没入したいです。」と話した。

しかし、イジヌクはスポーツ界のフンナムであるイヨンテ選手を牽制する発言もして、特有のユーモアの実力を間違いなく現わした。 彼は「この間にファンミーティングを素朴にしましたが、イギョンウォンベドミントン選手が仲間たちと一緒に来てくれました。その中にイヨンテ選手もいましたが、無理やりに連れてこられたようでした。イギョンウォン選手と席に座っていると、そっとファンミーティングが終わる前に席を外しました。大変な時間を過ごしたようで申し訳なかったです。」と笑った。

イインギョン記者 [best@joongang.co.kr]

[日刊スポーツ]2008.10.12 17:18
posted by rika1999 at 23:04| ■SBS週末劇「ガラスの城」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

SBSドラマ「ガラスの城」のイジヌク、“女性福は多くても、キスシーンは生まれて初めて”

200810130241.jpg
“僕のように女性福が多い男優はいないでしょう?”

ソンイェジン、キムヒソン、チェジウら、スター女優と呼吸を合わせた‘女性福’がはじけた俳優イジヌク。

2006年のデビュー以後、主演を引き受け、特に‘オムチナ’(母親の友達の息子・理想的な男性という意味) 配役ばかり引き受けて、株価を上げている。

前作の大統領の息子、整形外科医、財閥家の二世など、ルックスと富力を取り揃えた成功した男性役に引き続き、SBS週末ドラマ゛ガラスの城」では学歴、ルックス、家、マナーなどすべての条件を取り揃えた完璧な男キムジュンソン役を引き受けた。

現代版‘白馬に乗った王子様’ 役のイジヌクは「良い姿だけ見て配役を任せて下さったようです。それと、若い男優の出来る役が多くなくてそうなんじゃないでしょうか。」と謙遜して言った。しかし、良い配役を引き受けても、所謂大当りした作品はなく、「自らの役割を尽くすことが出来ていないようです。」と残念がった。

イジヌクは「視聴者たちの脳裏にめり込んだイジヌクのイメージがありません。大衆的なイメージでも残したくて、多作をしています。演技のスペクトラムを広げたいです。」という抱負を明らかにした。

今回引き受けたキムジュンソン役は、愛する女性ユンソイを妻に迎える為に(奮闘する)熱血ロマンチスト。イジヌクは「A型だから人見知りが激しい方。」だと言った。後輩であるユンソイを、現場で未だに呼び捨てにすることが出来ずに周りをうろつくと言う。

「前作では皆相手役が先輩でした。弟のように可愛がってくれて、僕が演技が出来なくても、私を導いてくれる先輩たちでした。しかし、(ユン)ソイさんには僕が先輩だから、導いて行かなければならない負担もあって、また、劇中では尊う夫婦の間ということで尊重していると、いたずらをする暇がありません。」

ソンイェジン、キムヒソン、チェジウらは一度だけ演技呼吸を合わせただけだが、未だにメールを取り交わして連絡をしていると言う。

‘女性福’が多いという彼だが、今まで劇中でキスシーンは一度もまともに出来なかった。今回の「ガラスの城」でユンソイとデビュー後初めて、ちゃんとしたキスシーンを演じた。

最近、ユンソイとのキスシーンが蚕室球場の電光板に照らされ、その場面がケーブルスポーツチャンネルを通じて放送されて話題を集めたりした。

イジヌクは「これまでの作品では、キスを試みるものの、横っ面を打たれたり、皆行き違いました。女性福は多かったのに、ロマンスがありませんでした。でも、ユンソイと初めてするロマンスとキスシーンで、ちゃんとした演技(?)をしてみました。」と笑って話した。

イジョンヨン記者 annjoy@donga.com

写真 = ヤンフェソン記者 yohan@donga.com

[東亜日報]2008-10-13 07:57
posted by rika1999 at 22:54| ■SBS週末劇「ガラスの城」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

「ガラスの城」イジヌク-ユンソイびっくりキスシーンにチャムシルボールほかほか〜

200809261704161020_1ry.jpg
タレントイジヌクとユンソイの初キスシーンがチャムシル野球場を焼いた。

SBS週末ドラマ「ガラスの城」に出演中のイジヌクとユンソイは、胸震える初デート場面の撮影で、去る24日午後、ソウル・チャムシル野球場で開かれた2008プロ野球トサン対ウリの競技場を訪ねた。

実際の競技が進行される中、約3時間の間進行された今回のデートシーンの撮影を迎え、イジヌクとユンソイはカジュアルな身なりをして野球場を訪ねた。彼らは普段からのスポーツマニアらしく、競技に耽って応援を過ごすなど楽しい時間を持った。

引き続きイジヌクとユンソイが初キスを分ける姿がチャムシル野球場大型電光板を通じて、そっくりそのまま盛られた。競技中の休息時間にキスタイムの為のカメラが動き、チャムシル野球場大型電光板に二人の顔が映されると、イジヌクがユンソイに不意打ちキスをする場面だ。

この日の撮影は、観客たちの興奮感をそっくりそのまま盛る為、公知なしに成り立って、チャムシルボールをより一層揺れるようにした。 撮影の事実を知らなかった観客たちは、イジヌクとユンソイのキス場面が大型電光板を通じて照らされるや、驚きながらも歓呼の声を止めなかったという。

ある関係者は「他の観衆たちに被害がないように、1塁側方面に撮影の為のカメラ一台と20余名のエキストラだけが動員されて撮影をしたから、観衆たちが撮影可否が分からず、自然な反応を盛ることが出来た。その為か二人がキスする姿が見えると、チャムシル野球場が揺れる程に拍手と歓呼の声が叫んだ。」と、当時の熱かった現場の雰囲気を伝えた。

二人が紆余曲折の挙句に初キスをするようになったのは、これまでジュンソン(イジヌク)の熱い愛の表現に対して拒否感を現わしたミンジュ(ユンソイ)が、ジュンソンに徐徐に心を開き始めたお陰だ。ミンジュは自分の冷酷な反応にもかかわらず、自分の傍をくるくる回わって慰労になってくれるジュンソンの心が、ただ単に火遊びではないことを悟るようになる。

8回までの放送分でジュンソンは、自分の周辺では感じることが出来なかった風変りな魅力を持ったミンジュに心を奪われたが、ミンジュは母親と性が違う二人の妹弟と義父を扶養しなければならない自分の厳しい境遇によって、財閥2世であるジュンソンの心を受けることが出来なかった。

しかし、この日の短い初キスシーンに続く甘い二番目のキスシーン以後、二人は本格的なラブラインを形成するようになる見込みだ。 この日撮影分は「ガラスの城」 12回分に放送される。

一方、27日放送された「ガラスの城」7回放送分は17.1%(TNS 全国基準)の視聴率を記録した。

(写真提供=HBエンターテイメント)

パクセヨン記者 psyon@newsen.com

[NEWSEN]2008-09-28 08:52:58

2009-01-03 17:28:06
posted by rika1999 at 08:52| ■SBS週末劇「ガラスの城」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

'ファミリーがやってきた' イジヌク、飄々とした中に現われる特別な魅力 [インタビュー-2]

200809070734452100_1er.jpg
'注目せよ!' この頃、この男に対する視聴者たちの関心が並大抵ではない。初めて見た時は'韓国人ではないようで、 日本モデル?'と思った。濃い眉毛、通った鼻筋、真黒い瞳を持った彼は、そのように '異国的な' 魅力をぷんぷんと漂わせながら、ファンの前に現われた。 6日スタートするSBSの週末ドラマ「ガラスの城」で、性格、ルックス、学歴、どれ一つして抜けること無い完璧男で出演する。まさしく、イジヌク(27)だ。詳しく見れば真剣で、分かってみれば面白く、振り返えれば、また見たくさせるイジヌクは、50部作ドラマに乗って演技者としてより一層成熟した姿を見せると目を輝かせた。

# 長編ドラマ、必ずしたかった!

イジヌクは2006年のデビュー作「恋愛時代」から、6日の初放送を控えている「ガラスの城」までの3年間、7つの作品をして休みなしに駆けて来た。彼のフィルモグラフィーを見れば、感嘆詞が出る程だ。 2006年だけでも、「恋愛時代」「Smile Again」「Someday」まで3作品をしたし、2007年にはチェジウ、イジョンジェという名うての先輩たちと「Air City」を撮影した。2008年にも「Before & After整形外科」「強敵たち」と「ガラスの城」まで、まさに前だけ見て駆けて来たような感じだ。

イジヌクは今回も「演技が上手いことが重要ではないでしょうか。 作品を選択する時、主類か非主流か、視聴率が高いだろうか、低いだろうかというのは念頭に置かず、私が好んでしたい作品を選択します。」という信念どおりに作品を選択した。50部作のSBS週末ドラマ「ガラスの城」だ。若い俳優たちの場合、ミニシリーズを好む傾向が少なくないのに、イジヌクは先後輩演技者たちと長い時間にわたって交わり、作品をして、実力を押し堅めることが出来る週末ドラマに上船した。今回も、これまで彼が演じたことのある完璧な財閥男性キャラクターだが、今回の財閥 2世ジュンソンは、悲しみに沈んで自分を台無しにすることはなく、賢く問題を掻き分けて行き、受け入れることは受け入れるという、これまでとは多少違う'明るい' 財閥だ。

「深みを持つのが重要であるようです。デビュー当初に、こういう作品をしていたら、もっと良かったと思いました。」とぱっと笑うイジヌクは、パククニョン、パクウォンスクら大先輩たちと演技をすることもすごく幸せで、同年代の年齢の若い俳優たちとも息が合うと、既に作品自慢に余念がなかった。大先輩たちは怖いが、激励をしながら優しく多方面に彼に教えを与える。勇気を出しなさいと力も引き立ててくれる。キムスンス、チャンヒョンソンのような先輩たちもとても楽しくて、撮影場に出ればいつも笑うことが出来る。

今までイジヌクは'女優福が本当に多い'という声を聞いた。それもそのはず、「恋愛時代」ではソンイェジンね「Smile Again」ではキムヒソン、「Someday」ではペドゥナ、「Air City」のチェジウ、「強敵たち」のチェリムに至るまで、韓国の代表的な女優たちと恋人として呼吸を合わせたからだ。

イジヌクは「そんな声をたくさん聞きます。今まで演技をして来た先輩たち皆人間的で学ぶことが多かったです。 私としては幸運だと思います。」と明らかにした。そんなイジヌクが、去る「Before & After整形外科」でソイヒョンと呼吸を合わせたのに相次ぎ、今回はユンソイと演技をする。 自分より年が幼い俳優たちと恋人呼吸を合わせるようになったのだ。"ボクがオッパです!"と冗談を言うイジヌクの表情からは、また特有のいじめっこみたいな微笑みが浮び上がった。今回は自分より '妹'であるユンソイと呼吸を合わせて、反対に相手女優にとって '本当に男優福が多いです'という話を聞くようにしたい。

#理想型...?うーん....

理想型がどんなスタイルか知りたい。特に真黒い瞳を輝かしたイジヌクは、どんなスタイルでも、どんな行動をしても、それがその人に 'よく似合って' 魅力的であれば良いと思うと言った。 男たちの理想型として典型的に登場する '長いストレートヘアの初初しい女性'ではなく、それがその女性に似合う時に良く、ズボンほ履く女性を嫌でも、それがよく似合っていれば、良いかも知れないというように、特定の理想型があるというより、どれだけ互いに通じ合うかが重要だというのだ。聞くには理解が易しいが、本当に表現することは難しい 'イジヌクの理想型' である。

#姉ばかり三人!

イジヌクはお姉さんが三人いる。すごく可愛いがられて育ったようだという話に「我家はとても独立、自主的な家なので、互いに特別な関心と愛情を表現するよりは見守るスタイルです。幼い頃から一日中、アリの巣を観察して昆虫を捕って来て、どうやって生きるのか観察して、一緒に遊んだ。」と '自主的な子供' であったことを強調した。

#魅力ポイントは?

常に質問をしながらも、質問しておいて 'きまり悪いだろう'と思う質問がある。まさに'自分のどこが魅力ポイントだと思うのか'という質問だ。イジヌクもその質問に苦しむと言って、微笑んだ。と、言いながらも、"目?!"と言った。奥二重がこっそり隠れた大きい目は、イジヌクを憶えるようにする魅力ポイントに間違いがない。

#悪役に惹かれる!

イジヌクはこれからどんな役をしたいということはないが、事情がある役、悪役に大いに惹かれると言った。「'事情がある悪人'を演じたい。 '太陽の女' でキムジスが引き受けたキャラクターが本当に魅力的だと感じた。」

#ターニングポイントになった作品は?

誰にも 'ターニングポイント'になる時点がある。俳優たちには、その時点が '作品'によって決まる場合もある。イジヌクの場合、俳優人生のターニングポイントになる作品として、「Someday」を指折った。イジヌは「シナリオそのものを、本当に胸ジーンとするように読んだし、私が演じたソッマンというキャラクターが、ボクとよく合いました。その作品のおかげで人生をたくさん学びました。'ソッマンのような人になろう'という考えもたくさんした。」

#初めて見た時、外国人だと思った!

初めてイジヌクがTV広告に姿を現わした時、外国人のように思った。それはただ、私だけの考えではなかった。'異国的だ'という言葉に彼はどのように思ったか。「幼い頃からそんな言葉をたくさん聞きました. , 悪くないようです。 (笑)」

イジョンア記者happy@osen.co.kr
<写真>ユンミノ記者 ymh@osen.co.kr

[OSEN]2008.09.07 07:40
posted by rika1999 at 13:34| ■SBS週末劇「ガラスの城」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イジヌク"3年間、芸能をただ二度しかしなかった理由は?”[インタビュー-1]

200809060847492100_1tr.jpg
濃い眉毛、しっとりと濡れた目、しっかりと閉じた唇、長身、秋男の雰囲気がぷんぷんと漂う。孤独なように、さびしいように抱いてあげたい感じをさせたいようにするが、相手を眺めてニコリと笑う表情からは、いじめっこみたいなイタズラっ気が滲み出る。この男、イジヌク(27)だ。彼がすべてを兼ね備えた完璧な財閥、ナムジュンソンとしてテレビ劇場に帰って来る。今年の秋、さびしい女心は彼を見ながら近付く愛を夢見ても良さそうだ。

#「恋愛時代」から「ガラスの城」まで!

イジヌクは2006年のデビュー作「恋愛時代」から、6日の初放送を控えている「ガラスの城」までの3年間、7つの作品をして休みなしに駆けて来た。彼のフィルモグラフィーを見れば、感嘆詞が出る程だ。 2006年だけでも、「恋愛時代」「Smile Again」「Someday」まで3作品をしたし、2007年にはチェジウ、イジョンジェという名うての先輩たちと「Air City」を撮影した。2008年にも「Before & After整形外科」「強敵たち」と「ガラスの城」まで、まさに前だけ見て駆けて来たような感じだ。

ところで、彼をじっと見れば、視聴率面では所謂'大当り'を噴き出した作品がない。多くのドラマに出演したが、視聴率の面では大きい成果を挙げることが出来ず、'イジヌクが、そんなにたくさんの作品に出た?'という気もし得る。出演した俳優の立場では、大いに残念な部分だ。しかし、長い目で見れば '俳優' イジヌクには大変良い経験だ。 出演したドラマが '大当り'を噴き出すことは出来なかったが、'食傷する'という批判を聞かずに、多くのドラマに出演して、より多様なキャラクターを、多様な演技経験を積むことが出来たからだ。多様なキャラクターを演じて、彼は静かに演技力を積んだし、それは俳優にとって大事な財産だ。

「演技が上手いことが重要ではないでしょうか。作品を選択する時、主類か非主流か、視聴率が高いだろうか、低いだろうかということを念頭に置かないで、自分が好んでしたい作品を選択します。」と言うイジヌクの言葉で、今だけのキラッとした人気よりは、演技生活を長く見て、一歩一歩成熟な姿を積むという落ち着きが伺える。

#俳優は、一人だけの時間が多くなければならない!

イジヌクは一人だけの時間をたくさん持とうと考えている。俳優というのは、一人でいる時間をたくさん持って、自分自身と向い合う時間が多くなければならないと思うからだ。こんなに孤独を楽しむ彼だから、ルックスからそんな雰囲気がぷんぷんと漂う。学歴、富力、ルックス、どれひとつも抜けることない完壁人を演じるが、いつも彼にはすべてを兼ね備えた完璧さではなく、どことなくさびしく見える '憂鬱'が滲み出る。

イジヌクは「'憂鬱' よりは '孤独' 程度に表現して下さい。基本的に、私は沈んだ感じをたくさん与えるらしいです。実際、幼い頃から一人でいる時間を楽しんで、演技者になってからは、もっとそんな時間を持とうと思っています。でも、明るいキャラクターを演じる時は、生活がそのようになったりもします。勿論、人とよく交わることも重要で、経験が多いことも重要だから、個人の時間と人と一緒にいる時間の均衡を合わせようと思います。いかに生きているか、それが演技から見えると思って、いつもその点を考えています。」と明らかにした。

#私的な姿が見えるのが、あまり好きではないようだ!

最近の理想型でイジヌクを指折る女性ファンがうんと増えた。ドラマのスタートを控えているからだったりもするが、最近出演した SBS「日曜日が好き、ファミリーが浮かんだ」に出演して、個性ある姿を見せたおかげだ。イジヌはトックリイチゴとうなぎの故郷、全北コチャンを訪ねた。 ファミリーたちと交わり、とんでもない魅力を精一杯誇示した。放送直後、視聴者たちはイジヌクに格別の関心を見せ始めた。 この姿を見ていると、以前「強敵たち」放送を控えて「happy together」に出演した時が浮び上がった。その頃も、MCユジェソクをあっけなくさせる独特のユーモアで視聴者たちに笑いをプレゼントした。

よく見れば、イジヌクはバラエティー番組とは似合わないようでいながら、よく似合う。しかし、デビュー以後に出演した芸能番組は「happy together」と「ファミリが浮かんだ」、ただ二編だ。このようにバラエティー番組を遠ざける理由が他にあるのか。

イジヌクは「TVで、演技者の姿ではない私的な顔を出すことがあまり良くないように思います。私的な姿が映れば、愛情を持たれるようなことはあるようだけど、演技者は作品だけで見えるのが重要だと思う。神秘主義戦略とか、そんなことではなく、作品の中で純粋に自分を感じるようにする方が良さそうです。元々面白いようなイメージではない俳優たちは、ともすれば芸能番組で見せた姿が印象に残ってしまい、視聴者たちがドラマに出た姿を見て笑う可能性もあるから、控え目にしたいです。」と確固な考えを現わした。

笑う姿は無邪気で、先に明快に挨拶をしてくる程に明るい面も持っている。しかし、演技のことを話す彼の真っ黒な瞳は、落ち着きを持って輝く。彼のその瞳を見ていていたら、ふと、もしかしたら期待していたよりずっと素敵な姿を見られるかも知れないという気がする。 粘り強く自分の夢をノックすることを止めなかった彼は、今後もいつも真剣に、そして幸せにその道を歩いて行くことを約束した。彼が見せてくれる世界をトキメキながら待ってみよう。

「ファンカフェーに入る度に、有難いと思います。外にはあまり出ないのに、私を知っている、私を好んでくれる人がいるというのが不思議です。」

イジョンア記者happy@osen.co.kr
<写真>ユンミノ記者 ymh@osen.co.kr

[OSEN]2008.09.06 08:50
posted by rika1999 at 13:21| ■SBS週末劇「ガラスの城」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

イジヌク"演技のスペクトラムを広げたいです"

週末劇「ガラスの城」通じて複合的な感性演技に挑戦
王子様イメージと平凡な実際の姿、区別したい

coming200809010101390ftryer.jpg
俳優イジヌクに会う前、彼に対して'童話本の中から飛び出した王子様の類'ではないかと思っていた。ハンサムなルックスに長身、それにブラウン管を通じて披露して来たイメージは一様に素敵で、心さえ善良な裕福な家の息子だ。シンデレラや白雪姫の童話の本でも会える、素敵な王子様のようだった。

イジヌクが出演するSBSの新しい週末劇「ガラスの城」で引き受けたジュンソン役もやっぱり、'王子様'イメージを脱することが出来なかった。財閥 2世で善良な気立て、楽器なら楽器、運動なら運動で出来ないものがない。SBS「恋愛時代」「Smile Again」、MBC「Before &After整形外科」「Air City」で見た、高級なイメージをそっくりそのまま持っている。

イジヌクは、'とても高級な役ばかりするのではないか?'という質問に、照れくさそうに笑った。イジヌクもやっぱり、「私もやっぱりその理由が分からない。」と話し始める。イジヌクは直ぐに「監督様たちが私の姿の中から、そんなイメージを見つけ出して下さることに感謝しています。でも、実際の私の姿はドラマの中のイメージとは違います。気さく手静かな方です。」と話した。

実際に会ったイジヌクの姿は、ドラマの中キャラクターとはとても違っていた。幼い時代と友達の話をする時は、素朴でいたずらっ気が一杯である。演技と作品に対する話をする時は、年上のおじさんと話している感じさえする程に真剣だった。

イジヌクは「私的な姿と演技をする時の姿は、完璧に区別して作りたい。イジヌクの実際は、ただ平凡な人間であるだけです。私の個人的な姿、私の周辺の人々が見る、ピッタリそのままのイジヌクらしい姿は、作品の中では現われなければ良いと思います。 財閥でも医師でも、人々の記憶の中にはドラマの中キャラクターだけが記憶されるのが私の目標です。」と話した。

イジヌクは自身が願ったように、ドラマの中キャラクターとイジヌクの実際のイメージを分離するのには成功したようだ。しかし、デビュー4年目にもかかわらず、 '王子様' '医師' などの似ているイメージが浮かび上がっているのは、彼が解かせねばならない宿題だ。

イジヌクもやっぱり、今回の作品を選択する前 '演技のスペクトラムを広げなければならない'ということを最大の目標にした。それでイジヌクが選択したのが、長い呼吸が必要な週末劇である。尚且つ、ジュンソンという役は、結婚-離婚-内面の傷という複合的な感性を演じることが出来るから、変身を可能にすることと考えた。

「胸の中にたくさんの罪の意識と傷を持っている役です。デビュー後初めて結婚と離婚を経験するので、これまで見せることが出来なかった新しい姿もお見せることが出来ると思います。多様なイメージを披露するのにあつらえ向きのキャラクターです。何よりたくさんの中堅先輩俳優たちと共に作業するから、演技力が豊かになります。50部作のドラマが終わる頃には、視聴者たちが思い浮かべる俳優イジヌは、より一層盛りだくさんになっているのではないかと思います。」

ムンミヨン記者mymoon@sportshankook.co.kr
写真=イチュングン記者bestime@sportshankook.co.kr

[スポーツ韓国]2008/09/01 10:57:48
posted by rika1999 at 17:27| ■SBS週末劇「ガラスの城」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

至高至純な愛を信じる‘全てを取り揃えた男’

SBS「ガラスの城」イジヌク、財閥2世役引き受けて

PP08082800069sdfsfd.jpg
今年だけでも三編目だ。
イジヌクは去る1〜3月に放映された文化放送ドラマ「Before&After整形外科」で、整形外科医ハンゴンスを演じた後、4月には韓国放送ドラマ「強敵たち」に大統領の息子カンスホで出演、来る6日スタートするSBS「ガラスの城」(土日夜 8時50分)では、財閥 2世キムジュンソン役を引き受けた。50部作だから、年末までは休む間がないだろう。主演級俳優がこんなに多作をしても良いのだろうか。

「私はドラマを8編もして来ましたが、代表作がありません。」
去る28日に開かれたドラマ制作発表会で会ったイジヌクは、率直でハツラツとしていた。「ガラスの城」に共に出演する俳優キムスンスが「そんなふうに言うと、これまで共に働いた監督・作家様たちはどうするか?」と収拾に乗り出したし、「今回ドラマが、あなたの代表作になりはしないか?」という‘収拾性’の質問も後に続いたが、「そうですね、そうしたいですね。」と話して平気だ。

彼が言う代表作とは‘イジヌク’と言えば、誰もが頭の中に思い浮かべるに値するタイトル一つを意味するが、それでも2004年に「ベスト劇場-不良少女」でデビューした彼のフィルモグラフィーが素晴らしくないわけではない。「復活」「恋愛時代」「Air City」などで大物俳優たちと肩を並べたし、比重ある役を引き受けた。
主に“ルックスと富力と能力とマナーまであまねく取り揃えた”成功した男だった。「若い男性演技者の出来る配役があまり多くないから。」と言うが、それが全てでもないだろう。自分の固執のままに生きる裕福な家の末息子みたいでありながらも、胸の片隅に悲しい事情一つ位は抱いているような目つきを彼は持っている。

「ガラスの城」のキムジュンソンは、ジャズミュージシャンを夢見るも、財閥グループ会長である父親(パククニョン)の意により、経営修業を受ける人物だ。政治家の道を行く兄グュソン(チャンヒョンソン)が運命に順応することとは違い、ジュンソンは父親と取り引きに出る。グループ後継者になる代わりに、家の来歴である‘政略結婚’だけはしないということ。至高至純な愛を信じる王子様のお陰で、放送社の新米アナウンサーチョンミンジュ(ユンソイ)はシンデレラになる。問題はシンデレラが、王子が生きる世界をよく知らなかったということにある。財閥家の嫁として易しく認められるには、生きて来た環境と趣向があまりに素朴だった。自分の夢を諦める対価として選択したシンデレラが王宮を飛び出せば、王子はどうなるか? イジヌクの‘代表作’になるかも知れない「ガラスの城」は、このように始まる。

イミギョン <シネ21> 記者 friendlee@cine21.com

[ハンギョレ]2008-08-31 17:26:32
posted by rika1999 at 16:04| ■SBS週末劇「ガラスの城」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

[インタビュー(3)] イジヌク“チェミノ選手の競技に胸を打たれた”

pho_200808281053300201000002010400-001.jpgイジヌクが北京オリンピック柔道の金メダルリストであるチェミノ選手の競技に大きい感動を受けたと打ち明けた。

9月 6日スタートするSBS-TV週末ドラマ「ガラスの城」の男性主人公であるイジヌクは、最近、ISとのインタビューで「ドラマ撮影期間に北京オリンピックが重なり、率直に言って私は競技を取りそらえて見られなかった。しかし、チェミノ選手の競技場面は長い間印象に残った。」と明らかにした。

特にイジヌクは「チェミノ選手の泣く場面が、胸をジーンとさせた。」と話した。彼は「純粋に見えるチェミノ選手の競技をする姿に、演技に対する私の熱情を振り返えることにもなった。」と明らかにした。

[以下省略]

イインギョン記者 [best@joongang.co.kr]

[日刊スポーツ]2008.08.28 10:59
posted by rika1999 at 22:42| ■SBS週末劇「ガラスの城」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[インタビュー(2)] イジヌク“イヒョリの大らかさ、本当に驚くべきだった”

pho_200808281049140201000002010400-001.jpgタレントイジヌクが、芸能番組初出演の所感を打ち明けた。イジヌクは来る 31日放送されるSBS-TV「日曜日が好き」の 'ファミリーが浮かんだ'にゲスト出演、芸能番組申告式を挙げた。

イジヌクは最近、ISとのインタビューで「芸能番組の渉外を受けて躊躇ったが、'ファミリーが浮かんだ'はイチョニ先輩に親しみがあって易しく適応することが出来た。」と明らかにした。

彼は今月初め、全北コチャンで 'ファミリーが浮かんだ' 1泊2日の録画に参加した。 ユジェソク・イヒョリ・キムスロ・ユンジョンシン・パクイェジン・イチョニらとうなぎ料理を作って、畑仕事をするなど全身を惜しまなかった。

イジヌクは「本気にMTに来たような気持ちだった。」「このように食事をし、眠り、夜に夜食も作って食べ、話も交わす雰囲気が本当に良かった。」と明らかにした。

特に「イヒョリは予想外に大らかで驚いたし、パクイェジンは天上の女性で魅力があった。」と伝えた。イチョニに対しては「モデル活動した時代から、よく世話をしてくれた先輩で、現場であれこれよく適応するように助言をたくさん言ってくれた。」と付け加えた。

彼は「普段はヒップホップマニアだから、ビッグバンのテソンに会って嬉しくて、サインCDを受けて来たりもした。」と冗談を言った。

イジヌクは 9月 6日スタートするSBS-TV週末ドラマ「ガラスの城」で人気アナウンサーと結婚する財閥家子弟キムジュンソン役を引き受けてブラウン管に復帰する。

イインギョン記者 [best@joongang.co.kr]

[日刊スポーツ]2008.08.28 10:59
posted by rika1999 at 22:21| ■SBS週末劇「ガラスの城」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[インタビュー(1)] 「ガラスの城」のイジヌク、“役の為なら自尊心など関係ない”

htm_200808281047030107000001070100-001ey.jpg
スラリとした長身に凉しい微笑み、それに先に手を突き出すことが出来る親切さまで全身に滲んでいる俳優イジヌク。お姉さんたちが夢見る '年下の男'のすべての条件を取り揃えた彼が、9月 6日スタートするSBS-TVの新しい週末ドラマ「ガラスの城」で財閥 2世で出演、再び女心の攻略に出る。

今年のドラマ「Before&After整形外科」と「強敵たち」に引き続く三番目の作品。彼は「無条件に休まずに働こうという多作派俳優がまさに私。」と言い「デビュー後、去る3年間、一度も休んだ事がありません。」と言いながら笑った。

イジヌクは2005年、ダンキン・ドーナなどを通じて派手に芸能界に入門した。しかし彼は、二十歳になるやいなや、故郷である清州を発ち、演技者の夢の為に孑孑単身上京した。嫁いだお姉さんの家と友達家を転々として、大学路の無料演劇舞台に立ったりもしたし、一人きりで広告会社を訪ねて、プロフィールを配ってオーディションを受けた。

CF出演後、ドラマ「恋愛時代」のオーディションを受けたが、初めは落伍。しかし彼はいじけず、「恋愛時代」の制作社を訪ねて「もう一度考えてみて欲しい。」としつこく食い下がった結果、ソンイェジンの相手役を獲得した。

「俳優は役の為なら跪くことが出来るのではないでしょうか?俳優としての自尊心みたいなものは、全然気にしません。」

「ガラスの城」では学歴、ルックス、富力一つ抜けない骨の中まで 'ハイクラス'である財閥後継者を演じなければならない。ブランドのジーンズを履き、淑やかなベストを着た彼は「協賛を受けた服ですが、ぎこちないですね。」と言って照れくさがった。

A型だから人見知りする方だが、演技者生活をしながら性格がたくさん丸くなり、多情多感になった。しかし「相手役であるユンソイさんとは、お互いに尊称をする間。」と話し「同じ年齢の相手役俳優たちには、礼儀をより取り揃える方。」と言いながら笑った。

劇中、貧しい家庭環境で育つものの、人気アナウンサーになるユンソと結婚するようになるが、 財閥家という家の背景の為に、順調な結婚生活はすることが出来ない。

「難しくダッシュして成した愛なのに、守り通すのを苦しがるジュンソンの姿を見れば、憐愍が行きます。」

実際に彼は「アナウンサーという職業には、大きいロマンや関心はありません。」と話し「人間に対する礼儀を守ることが出来て、 思いやりの心がある女性が好きです。 でも、これまで付き合った女性たちには共通点は一つもなくて、自分の理想型が何なのか、自分でもよく分かりません。」と率直に話した。

'完璧な年下の男' イジヌクに現在 'ing' 中のガールフレンドはいるのか?

「今は私一人で責任を負い難いほど、時間がありません。関心ある人はいるが、愛には責任がつきものじゃありませんか。 愛を傾け、育てるに値する与件が今ではなく、ガールフレンドは暫く作り難いようです。でも、本当に'この人だ' という人が現われたら、ダッシュするかも知れないですね。(笑)」

イインギョン記者 [best@joongang.co.kr]
写真=キムミンギュ記者 [mgkim@joongang.co.kr]

[日刊スポーツ]2008.08.28 10:59
posted by rika1999 at 21:56| ■SBS週末劇「ガラスの城」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【「ガラスの城」制作発表会】イジヌク“完璧男キャラクター、たまには負担になって、虚しい望みがもたげたりも”

NISI20080828_0009305149_webryt.jpg
タレントイジヌクがドラマで度々引き受けるようになる完璧なキャラクターが、時には負担だと明らかにした。

イジヌクは28日午後 2時、ソウルヤンチョン区木洞のSBS社屋で開かれたSBSの新しい週末ドラマ「ガラスの城」の制作発表会で、「完璧なキャラクターに慣れて、普段も錯覚したりする。」と話した。

前作「強敵たち」でも大統領の息子に扮するなど、既存の作品を通じて主に完璧な男性キャラクターに扮したイジヌクは、「ガラスの城」では財閥家の子弟に扮して、もう一度完璧なキャラクターに変身する。この日のイジヌクは、劇中の役を「人物、家、学歴、マナー、賢明、情熱など、良いことは全部持っている完璧なキャラクター。」と紹介、「私に似ている点が、かなりあるようです。」と冗談を言った。
2008082814251614524_1345.jpg
劇中イジヌクは、財閥家の子弟と同時にジャズミュージシャンを夢見るキムジュンソンに扮した。 巨大グループの失職的後継者で、父親の野望によってミュージシャンになる夢を諦めたジュンソンは、偶然ではないように出会ったミンジュと、なんだかんだと言いながら、結局結婚にゴールインするが、彼らの結婚生活は決して順調ではなく、期待感を催す。

イジヌクは「このような役(完璧男)を主に引き受けるようになることに、特別な理由はない。ただ私と同じような年齢の俳優たちが引き受けることが出来るキャラクターが限定的であるようだ。」と話しつつも、「こんな役に慣れて、普段も錯覚をして、虚しい望みがもたげるようだ。」と話して笑いを催した。

しかし、イジヌクは「たまには完璧な役は負担でもある。」と率直に明らかにした。イジヌクは「何をしても格好良くなければならなくて、全てが優れた彼を、いかに表現するかが悩みだ。微笑みは勿論、ジェスチャー一つ一つまで全て格好良くなければならないのが悩みだ。」と虚心坦懐に打ち明けて目を引いた。

「ガラスの城」は不遇な家庭環境を乗り越えてアナウンサーの夢を掴んだある女性が、財閥家に嫁いでシンデレラに生まれ変わるも、 婚家との葛藤と紆余曲折を経験して行きながら、真正な家族と愛が何なのかを悟るようになる過程を逆説的に描き出す。

SBSの新しい週末ドラマ「ガラスの城」は「幸せです」後続で来る9月6日スタートする。

パクセヨン記者 psyon@newsen.com / ユヘジョン記者 kicoo2@newsen.com

[NEWSEN]2008-08-28 16:19:14
posted by rika1999 at 20:40| ■SBS週末劇「ガラスの城」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【「ガラスの城」制作発表会】'引き続いて完璧男' にキャスティングのイジヌク「虚しい望みがもたげるではないかと心配です。」

200808281442581020_1wt.jpg
タレントイジヌクが幸せな悩み(?)を打ち明けた。

イジヌクは28日午後、ソウル・木洞のSBS社屋で開かれた新しい週末劇場「ガラスの城」制作発表会に参加して「相次いでドラマで完壁に近いキャラクターを演じるようになった。」「ややもすると、こんなキャラクターに慣れて、普段も錯覚して虚しい望みがもたげるようだ。」と話して、笑いを催した。

それもそのはず、イジヌクは前作であるKBS-2TV「強敵たち」で大統領の息子役に出演したのに相次ぎ、今回は大企業総帥の息子役を引き受けた。その上、二つのドラマでのキャラクターは家、学歴は勿論、人物とマナーまで、良い条件は全て取り揃えた。

2006年、SBS演技大賞ニュースター賞を受賞したイジヌクは、今まで SBS「Smile Again」とMBC「Air City」及び、「強敵たち」に出演、放送3社を縦横無尽している。
200808281433381020_1etr.jpg
イジヌクが財閥後継者として出演する「ガラスの城」は、放送局新入りアナウンサーチョンミンジュ(ユンソイ)が、大企業総帥の息子キムジュンソン(イジヌク)と結婚するも、自分の道を探す話を盛り込んだ作品で、来月6日、「幸せです」の後続で放映される。

キムヨンウン記者

[spn.edaily]2008-08-28 17:09:03
posted by rika1999 at 19:02| ■SBS週末劇「ガラスの城」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【「ガラスの城」制作発表会】イジヌク"また‘オムチナ’ 役を引き受けました。”

PYH2008082807220099000_P2.jpg
演技者イジヌクは‘オムチナ’(お母さんの友達の息子の略語で、完璧な人を指称、優等生)役をたくさん引き受けて来た俳優の中の一人だ。

前作で‘大統領の息子’役を引き受けたら、最新作「ガラスの城」では大企業の実質的な後継者役で、性格、ルックス、学歴は勿論、熱情まで取り揃えたジュンソン役を引き受けた。

イジヌクは28日午後 2時、ソウルSBS木洞社屋で開かれたSBS週末ドラマ「ガラスの城」の制作発表会に参加して「普段から完璧男の演技をたくさんして来たが、とても大変だ。」と演技に対する苦情を打ち明けた。

最近、地上派放送3社を出入りしながら注目される男性演技者で指折り数えられるイジヌクは「8作品をして来た。」「もう視聴者たちが食傷なさっているのではと心配。」と話した。

一方、この日の制作発表会には‘2008北京オリンピック’のバトミントン女子複式銀メダリスト、イギョンウォン選手が訪ねて来て目を引いた。

イギョンウォン選手はイジヌクのファンを自ら要望、制作発表会場を訪ねて、オリンピック記念鋳貨をイジヌクにプレゼントして、びっくりイベントをしたりもした。
PYH2008082807610099000_P2.jpg
イジヌクは「普段から運動する方々の苦しさが分かっているし、本当に凄い人々だと思う。」「私がそんなに人気がないのに、放送で私のファンだとおっしゃって下さって、とても感謝します。」とイギョンウォン選手の訪問に対して感謝の意を伝えた。

イジヌク、ユンソイ、 キムスンスが主演を引き受けた「ガラスの城」は、放送局の新入アナウンサー、チョンミンジュ(ユンソイ)が、大企業総帥の息子キムジュンソン(イジヌク)と結婚するも、自分の道を探す話を盛り込んだ作品で、来月6日午後 8時 50分スタートする。

ソウル新聞NTN キムギョンミン記者 star@seoul.co.kr /

[ソウル新聞]2008-08-28
posted by rika1999 at 18:35| ■SBS週末劇「ガラスの城」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

イジヌク"分かってみれば、雑草みたいな人生です"

20080821ba004.jpg
“分かってみれば、雑草みたいな人生です。”

タレントイジヌク(27)が、来月放送するSBS週末劇「ガラスの城」(チェヒョンギョン/シナリオ・ チョナムグク/演出)で、再び現代版‘白馬に乗った王子様’である財閥2世で出る。SBS「恋愛時代」「Smile Again」に引き続き、財閥2世だけでもう3回目。しかし、今度ドラマで引き受けたジュンソン役は、兄の死で胸に傷を持った上に、不遇な環境で努力して放送局のアナウンサーになったチョンミンジュ(ユンソイ)と結婚するが、離婚の痛みも経験する。

直接会ってみたイジヌクは、少年みたいな純純さの裏には、落ち着きがあって深い内面が交差する、妙な魅力があった。彼は「裕福な家で育った財閥2世で出ますが、実際では雑草みたいな人生を生きて来ました。」と話した。実際に彼は、農業の発展に役に立ちたくて環境工学科(チョンジュ大)に進学したが、学校を辞めて、去る2000年11月、‘無計画に’上京した。幼い時代に漠然と抱いた‘TVの中の役になりたい’という夢を実現する為に演技者になることを決心、以後あらゆる苦労を買ってした。
20088201117_199094581_6390_0.jpg
2005年、MBCベスト劇場「不良少女」でデビュー以後、週末劇は初めてだ。「ガラスの城」に出演するようになったきっかけとして「多くの事件に巻き込まれてぶつかるより、深みがあって感情を生かして演じる週末劇の特性に惹かれました。これまでミニシリーズばかりに出演して来たけれど、キャラクターに陥る頃に終わってしまうのが惜しくて、長編をしたかったです。それに、正統派メロじゃないですか。」と明らかにした。同時に「ジュンソンは父親(パククニョン)に似ている点が多くて、反抗しながらも結局は父親のようになるようです。」と話し「無鉄砲に事を起こして反抗するのではなく、観照的ながら内に和らげる大きい人物で、自由な魂を持っています。」と配役を説明した。

キムヒソン・ペドゥナ・ソンイェジン・チェジウ・チェリムらトップスターたちと演技呼吸を合わせて、周りの羨ましさも買った。久々に年下であるユンソイと演じるが「ユンソイさんが普段から成熟したように見えるイメージなので、演じながら年下という感じがしませんでした。」「寧ろ、キムヒソンさんやべドゥナさんと演じる時には、妹のように感じられました。」と話した。

音楽はジャンルを選り分けないで好きだという彼は、特に物静かで集中することが出来るのでラフマニノフの音楽を好んで聴く。「この頃は俳優として大きくなっている感じで、‘ガラスの城’で一人の人物を長く演じて、配役が滞貨した姿をお見せしたいです。」と話して「周りのすべてを吸い込むブラックホールみたいな演技者になりたいです。」と抱負を明らかにした。

チョヒョンジョン記者 hjcho@

[sportsseoul]08/08/20 11:18
posted by rika1999 at 23:48| ■SBS週末劇「ガラスの城」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。